キッズ矯正・ティーン矯正

tel_sp.png

キッズ矯正とティーン矯正について

お子様の歯の矯正は大きく2つの段階に分けることができます。まずは、小学校3年生〜6年生くらいまでの時期、つまり永久歯に生え替わる段階で行う矯正治療で、これを「キッズ矯正」と呼んでいます。そして、永久歯が生え揃った後に、中学生〜高校生くらいの時期に行うのが「ティーン矯正」です。

キッズ矯正 永久歯が生え揃う前、小学校3年生〜6年生くらい
ティーン矯正 永久歯が生え揃った後、中学生〜高校生くらい

それぞれの時期に合った治療方法を考える必要がありますので、矯正歯科の認定医が治療を行う当クリニックへご相談ください。

キッズ矯正

キッズ矯正では、歯そのものを動かしてきれいに並べるというよりも、正しい顎の骨の成長を促し、永久歯がきれいに生え揃うための土台づくりを重点的に行います。永久歯が生えてきてから矯正治療を開始すると、歯が並ぶスペースを確保するために抜歯しなければならなくなってしまうこともあります。また、抜歯なしで治療できたとしても、長い期間を要することになります。

小学生くらいの時期であれば、骨、あるいは骨と骨のつなぎ目がまだ柔らかいため、顎の形をきれいに整えることができます。この時期に必要に応じて矯正治療を受け、将来に向けての土台づくりをしておくようにしましょう。

なお、キッズ矯正を行うだけで歯がきれいに並ぶこともあり、その場合はティーン矯正は不要になります。一方、永久歯が生え揃って顎の成長も止まってから治療した方が良い場合もあります。決まったやり方を一律に行うのではなく、その子に合わせた最適な方法を見極めることが重要です。お子様の歯並びが気になる方は、まずはお早めにご相談にいらしてください。

ティーン矯正

永久歯が生え揃った中高生の頃に行うティーン矯正では、本格的な矯正治療を進めていきます。この時期はまだ少し顎の骨が成長していますので、そちらにもアプローチしながら、同時に歯並びそのものも変えていきます。そのためスピーディに矯正治療を進めていくことが可能です。また、永久歯が生え揃ったばかりの時期は、虫歯や歯周病の治療を受けていることもほとんどありませんので、矯正装置が取り付けやすい状態にあります。

歯並びをきれいにしておくと、自分に自信が持てるようになり、笑顔も出やすくなります。また、お口の機能が向上する、お手入れしやすくなるといったメリットもあります。なるべく早い時期に治療を済ませておけば、その分、きれいな歯並びで過ごせる期間が長くなりますので、早めに治療を始めるようにしましょう。

きょうこ歯科・矯正歯科オフィシャルサイトFacebook歯科ガイド
TEL:075-706-8844 診療時間 平日9:30~12:30 14:00~19:00 土曜は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日