スタッフブログ

tel_sp.png

2018.04.03更新

pic20180403114031_1.jpg




4月に入り、新生活がスタートしました。
良いお天気が続き、桜も綺麗ですね。
みなさんはお花見へ行きましたか?



さて、今回の矯正ハテナは
ブラケットが外れれば矯正治療は終わりなの?です。

そう思われる方が多いと思いますが
実は違うんですよ。

私は、長い間つけてきたブラケットの装置ともお別れし、今は後戻りを防ぐためのリテーナー(保定装置)を装着しています。
もう歯並びは治っているのにまだ装置をつけるの?と思う方も多いと思いますが、
例えば骨折をした時、骨がしっかりと治るまでの間ギプスで固定しますよね。矯正装置を外すと歯は元の位置に戻ろうとする傾向があります。また、歯ぎしり・食いしばり・筋肉の習癖・親知らずの萌出・歯槽骨の変化に応じて歯はその位置を変えて適応します。リテーナーは、ギプスと同様、骨がしっかりと出来てくるまでの間、歯を保定するためのとても大切な装着です。



いざ矯正装置を外した時は
ブラケットを装着している生活に慣れすぎていたのか、ブラケットを全て外した時の歯のツルツル感や、装置のない舌触りに少し違和感がありましたが、
何よりも綺麗になった歯並びを見てとっても嬉しくなりました。

ブラケットが外れればそこで矯正が終了するのではなく、今度は綺麗に並んだ歯が後戻りしないようにリテーナーを装着します。

リテーナーはこのようなマウスピースなので、自分で簡単に取り外し可能です。初めてつけた時のお口の中の違和感はあるものの、1〜2日で慣れてきます。色も透明なので、かなり近くで見ても装着しているのはわかりません。
もちろん固定式のものや色々な種類はあるのですが、恭子先生は 何も装置の付いていない状態でご飯を食べて欲しいらしく、取り外しのきく装置を選ぶことが多いようです。

今、私は
食事、歯磨きの時以外は一日中つけています。
その為、お友達と食事へ行ったり、不意におやつタイムになった時にはこっそり外さないといけないのですが、
ブラケットをつけていた時のように「装置が外れるかもしれない」「細かく切って食べないと。。」と言った心配をすることなく、気持ちの良い食事が出来ます!


リテーナーは取り外しができて嬉しい反面、自分で装着時間をしっかり守ることが大切です!
出かけ先で長い時間リテーナーをつけることが出来ず、久々にリテーナーをつけた時は少しキツく感じることもあるので、後戻りが怖く、リテーナーを頑張るモチベーションにも繋がっています。

リテーナーをつける目安は、最初の一年は一日中、その後は寝る時になります。
親知らずのはえ方によって年数は変わります。後戻りの心配が無くなるまで一緒に頑張りましょう。

KAORI

投稿者: きょうこ歯科・矯正歯科

きょうこ歯科・矯正歯科オフィシャルサイトFacebook歯科ガイド
TEL:075-706-8844 診療時間 平日9:30~12:30 14:00~19:00 土曜は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日